店舗ロゴ


酔神の溶岩焼へのこだわり

一、ジューシーな焼き具合
溶岩石は三十二度以上の熱を加えると、遠赤外線を発します。
それにより、ふっくらジューシーにムラなく焼き上げ、甘味や肉汁を封じ込めます。

二、ダイエットに効く
溶岩石に空いている無数の気泡は、余分な脂分を吸収します。
また溶岩石につきにくいので、脂をひく必要がありません。
低カロリーなので、安心して食べられます。

三、匂いがつきにくい
無数の気泡は、素材に触れると消臭剤の役割を果たし、煙などからいやな臭いを吸い取ります。
そのため、素材の持つ本来のおいしい香りを存分に楽しめます。

四、煙が立ちにくい
間接的に調理するため、脂質が直接火にあたる事がなく、煙が立ちにくくなっています。
また赤外線の効果で、素材の表面と内側から火が通るため、焼き目はついても焼きすぎによる焦げ付きがありません。

五、桜島の溶岩石
桜島で採掘された溶岩石には、他の溶岩石とは違いバナジウム・ナンウムや豊富なミネラル成分が含まれています。
そのため、食材をさらにおいしく焼き上げることができます。